営業部
Add.:
No.17 Ju Xian Qiao Rd, Qingdao High-tech Industrial Development Zone, China

Tel.: +86-532- 8668 3419 (Home Appliance Dept. 3)
+86-532- 8668 3480 (Home Appliance Dept. 3)

Fax: +86-532-8668 3439

E-mail: shichangbu@hisense.com

〒: 266114

Quick Response Code
技術革新

革新は発展を促進する源です。中国のリーディング金型メーカーとして、Hisense Moldはずっとその発展の各段階で、絶えず革新の精神を発揚します。今まで、弊社はもはや国家重点研究プロジェクトを三つ参加し、琼島市を二つ参加しておりました。同時に、山東大学と華中科技大学と長年の共同研究を行っています。それによって、私たちは新しい技術と製造技術の発展の中で豊かな成果を得ました。現在、我々は発明特許を8項、実用新案特許を30項取得していました。

通用技術

1. CAEシミュレーション分析

  • CAEシミュレーション分析
  • CAEシミュレーション分析
  • CAEシミュレーション分析
  • CAEシミュレーション分析
オーバー・モールド

アメリカからMoldflow/MPIソフトを導入し、金型生産中の各過程、例えば充填、保圧、冷却、ガス輔注射と曲がりなどを分析することができます。同時に、先進的なソフトを応用した時、豊富な金型の開発経験を十分に活かします。


2. ホットランナー技術
ホットランナー技術

過去数年間で弊社はすでにホットランナーの応用に成熟した技術を取得しておりました。更に、YUDO、INCOR、MOLD-MASTER、DME、SYNEVNTIVE 及び DELACHAUXなどの会社と協力関係を構築しています。これによって、私たちはお客様に多くの選択のホットランナーを提供することができます。この成熟したホットランナー技術とシーケンシャルバルブホットランナーシステム技術はプラスチック製品の生産ラインの溶接線をよく制御できます。

3. ガスアシスト注射技術
ガスアシスト注射技術

1997年、弊社はすでにこのガスアシスト注射技術を大画面テレビの前のアウターの精密金型の生産に応用してきました。

  • IML/IMD 技術
    4. IML/IMD 技術
  • 金型加工のEROWA自動加工技術
    5. 金型加工のEROWA自動加工技術
  • 大面積マイクロ加工技術
    6. 大面積マイクロ加工技術
コア技術

1. 製品外観の改善

製品外観の改善

高光沢金型技術(蒸気-金型, E-金型, EMCO-金型)
金型加工の最新技術として、この高光沢金型技術は製品の外観の美しさを促進し、塗装とその汚染を減少することができます。薄型テレビとディスプレイの金型生産にその技術を使用しております。異なる加熱の方式で三つの金型があります。即ち蒸気金型, H金型, E-金型などです。同時に、お客様のために金型を制御できる特別なボックスを開発し、自由に選択できます。更に、弊社のE-金型特許の使用権を取得しました。

製品外観の改善

大型射出成形技術
この技術はLCD/LEDのフロントパネル、自動車用天窓とプラスチック部品などの金型加工に用いられます。この技術のおかげで、ワンステップ成形材料の表面や後成形材料を混ぜ合わせされることができ、このプラスチック(二色の材料によって作り)は大面積のハイブリッド材料を用いられます。更に、この2kー射出成形技術付けの二色射出成形マシンは製品を一つの完備したサイクルで出来上がります。プラスチック製品の完成品はより高い強度と表面硬度を実現できます。高輝度の透明表面やグラデーション透明に作られ、製品の外観の美しさに役割を果たします。なお、この技術のおかげで、塗装が不要になり、生産プロセスを減少し、生産効率の向上と不合格率の減少などを実現できます。従って、塗装による生成した労力とエネルギー及び汚染を大幅に減少できます。これはなぜプラスチック製品の生産コストを下げることができる理由となります。この技術も役得をもたらし、生産による生成した汚染や障害の減少でメーカーがグリーン貿易障壁に直面する可能性を少なくなります。

現在、弊社はすでに55インチの大型スクリーム技術を身に付けています。将来、我々はより多くの家電用金型、マルチメディア製品用金型と自動車用金型、例えばエアコン、冷蔵庫、洗濯機や自動車用の金型などを開発するように努力しまいります。この技術は家電産業に品質を飛躍的に向上させることができるのであると信じています。

  • 2K-鍵の射出成形技術
    2K-鍵の射出成形技術
  • オーバ-金型 技術
    オーバ-金型 技術

2. コストダウンのソリューション
短いサイクルタイム&高効率な技術
弊社は自社の研究開発機関があり、山東大学などの学術機関と協力関係を構築、CAE分析とオプティマイズの金型構造、ランナーシステムと冷却システムなどを採用し、金型の最短サイクルタイムを実現できます。現在、弊社は42インチのフロントカバーを40秒以内のサイクルタイムに加工できます。


スタック成形技術
スタック成形技術
スタック金型は射出成形技術の向上やコストダウンに役割を果たします。

薄肉成形技術
弊社はCAEシミュレーション分析、CAD構造の最適化、製品設計の最適化(関連した技術サポートを提供できます)を用いって、締付力が変わらないまま薄肉製品を生産することができます。

逆行&コールド-ランナー-フリー金型技術

逆行&コールド-ランナー-フリー金型技術

3. 新たな技術

  • 発泡技術
    発泡技術
  • 逆圧技術
    逆圧技術
  • 注射圧縮技術
    注射圧縮技術